mineoが最強だと思う理由

  • TALK
mineoは株式会社オプテージが運営しているMVMOのサービスです。 今回は、mineoが個人的になぜ最強だと思うのか?どういう点で最強だと思ったのかを紹介させていただきます。 そもそもmineoとは mineoは格安SIMを提供するMVMOサービスです。 キャリアとしては、docomo、au、ソフトバンクの全社に対応しています。 1.通信容量を格安でチャージができる よくテザリングをする人やブラウジングする人は思っている以上に通信量が使われている場合が多いと思います。毎月のようによく使う人であればFujiWifiや他のMVMOからデータ容量が多いものを契約した方がいいかもしれません。 しかし、筆者のようにたまに、遠出した時にバカみたいにテザリングしたり間違ってISOファイルをダウンロードしたりすることがある人もいるかもしれません。そのような人にMineoはかなりおすすめです。 Mineoには他のところにはないようなパケットシェア機能というものがあります。自分が契約している複数のSIMをパケットシェアするといった機能は最近では普通ですが、自分以外の契約者の過剰分のパケットをもらうことで通信データ容量を増やせると言う物です。 自分以外の 契約者の過剰分のパケットをもらうとありますが、実はこれがメルカリに売っているんです。 メルカリで「mineo パケット」での検索結果 筆者自身が個人的に思っている相場として、 3G程度:300円 10G程度:800円~900円 です。 これで、足りなくなった時にここでパケットを買うといった感じです。 例として 例えば、3G(3000M)プランを契約していてまだ、半月しか立っていないのに500Mぐらいしかないという時にメルカリに売りに出されているパケットを購入して補充するというような具合です。 2.オプションサービスが充実している mineoの凄いところはオプションサービスがかなり充実しているところです。 注意: オプションサービスには別途料金が必要になります 例として、執筆段階(2019/06/18)のエンタメ系の一部のサービスと料金を下に簡単にまとめます。 ANiUTA: 600円/月 RecMusicライトプラン: 300円/月 AWA: 960円/月 Hulu: 1007円/月 U-NEXT: 1060円/月 雑誌読み放題タブホ: 518円/月 *料金表記は税込みです(記事執筆時の価格) このように、MVNOとは言えないほどのサービスがオプションで契約可能となっています。 ANiUTAを使う場合は特におすすめ 筆者自身も使っていたものとしてANiUTAというアニメ中心の楽曲を配信しているサービスがあります。 AndroidとiOSの両方で提供されていますが、iOSで契約すると、同じOSでは有料会員になれますがAndroid端末では購入履歴がない(AppleのApp Store側で支払っていることをGoogleのPlayStoreではわからない)ため異なる端末を持っている人には使いづらいという問題があります。 しかし、Mineoのオプションサービスとして申し込みをするとeoIDを用いてログインする形になるので、異なるOSでも使えるという裏技的な方法も可能となります。

x230で本当のデュアルブートをしてみる

  • TALK
神機種と呼ばれている x230というThinkpadを愛用しています。 少し、話が逸れてしまいますが、自分が持っているThinkpadにはいくつか問題があります。 まず、キーボードを交換した時にすべてのネジが行方不明になり出先でもキーボードの外れる問題 どこでも外れるキーボード そして、画面の縁の一部が外れる問題 画面の縁が外れる 画面のすべてのインジケーター部分の故障(これのせいで、充電してるのかしてないのかがまったくわからない) インジケーターの故障 最後に、盛大に落としたときに割れた部分を同じように落とした結果… 割れた部分の被害 さすがに、割れたままにしておくと尖っていて危なかったので、けがしない程度に削りました。 災難なことを乗り越えてきたx230ですが、真面目にデュアルブートをしてみたいという欲望に駆られてしまったので、実戦してみました。 前置きがかなり長くなりましたが、いよいよ本題です!! デュアルブートしたい デュアルブートする方法として、 1つのストレージで異なるOSを同居させる 違うストレージにそれぞれ異なるOSを入れる 自分は後者の違うストレージにそれぞれ異なるOSを入れることにしました。 しかし、違うストレージに1つずつ入れるとなると入れたいOSの数のストレージを用意する必要出てきます。これではスロットが何台あっても足りません。 そこで、 思い出しました。 これは使えるのではないのかと。 物理デュアルブート 物理的にストレージを変えることで、GRUBがバグることがあっても違うOSが入ったストレージに交換すればいいということや、いくらでも検証でOSをぶっ壊せるのでよくやらかす人にはおすすめです。 問題点 しかし、この画期的?な方法にもそもそもの問題点があります。 一番の問題点として、SATAコネクタがやられる可能性が高いです。規格上では50回とされているため、故障する可能性としてはかなり高いです。 また、出先でコネクタがやられるとかなり厄介なことになるので、注意が必要です。(注意と言っても難しいと思いますが…) そして、他の問題点として ダサい。なんと言っても ダサい。 しかも、スリープ中にカバンに入れて持ち運んでる時にストレージが奥深くに追いやられて気付かずに起動してフリーズするといったこともあったりします。 いろんな人にお前のPC大丈夫かと心配されることがあるかもしれません。(大丈夫だと思うのは自分だけかもしれませんが…) 実際の状態 これが本当のデュアルブートです pic.twitter.com/M18sngdCGS — yoneyan (@yoneyan_ja) June 2, 2019 デュアルブート まとめ このようなことありますが、生活が豊かになるので皆さんも実践してみましょう!!

nginxでリバースプロキシとLet's Encryptを導入する

  • TECH
nginxでLet’s Encryptを用いてhttps(SSL/TLS)を有効にする方法をこちらに書いていきます。 当方のLet’s Encryptの記事は備忘録と書きます。他社のサイトさんの方がわかりやすいと思うので、わからない点などがあれば調べていただければ幸いです。 今回はリバースプロキシを使用します。 リバースプロキシの設定 1.configを作成する /etc/nginx 上にnginxのいろんな設定ファイルがあります。 特に、nginxのメインとなる主の設定ファイルとなるのが/etc/nginx/nginx.confです。 ですが、このファイルを直接弄ってしまうとわかりにくいという問題が起きるので今回は/etc/nginx/conf.d/以下のファイルを新たに作成します。 /etc/nginx/conf.d/[好きな名前].conf server{ server_name example.net; listen 80; proxy_set_header Host $host; proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr; proxy_set_header X-Forwarded-Host $host; proxy_set_header X-Forwarded-Server $host; proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for; location /test1/ { proxy_pass http://localhost:8080/; } location /test2/ { proxy_pass http://localhost:3000/; } } 2.動いているか確認する systemctl restart nginx nginxを再起動させて、リバースプロキシが働いてくれているか確認します。 Let’s Encryptの設定 0.Let’s Encryptで必要なものを入れる yum -y install epel-release yum -y install certbot certbotというものが必要となるので、インストールします。 1.証明書を取得する certbotを使って取得します。 certbot certonly --standalone 2.設定に追加する certbotを実行することで、

Linuxのディスク容量拡張の方法

  • TECH
UbuntuServerのディスクの容量を拡張する必要が出てきたので、ここに備忘録として残していきます。 VPSを使っていると、スケールアップなどで容量が拡張してくれるものがあります。しかし、ディスクとしては拡張されていても最初から入っているパーティションが勝手に伸びたり縮んだりすることが出来ないので我々が操作をしてあげないといけません。 前提条件 /dev/sda2のパーティションの容量を拡張するという想定で拡張の方法を書いていきます。 0.partedが入っていない場合はインストールする partedは標準のLinuxOSでは入っている場合が多いですが、実際に入っていない場合もあるかもしれないので、その場合入れてあげます。 debian系 apt install parted RedHat系 yum install parted これで、パーティションツールを入れることができます。 1.partedから容量を拡張する sudo parted print all # /dev/sdaを選択する select /dev/sda # /dev/sdaのパーティションの構成をみる print /dev/sda # パーティション2をリサイズする resizepart 2 「End 400G 」100%とすることで、最大容量まで拡張できます。 最後に/dev/sdaの容量を見てみます。 print /dev/sda 2.実容量を拡張する df -h これでマウント中の容量を見ることができます。 そうすると実容量が拡張されていないため、resize2fs というコマンドを使っていきます。 sudo resize2fs /dev/sda2 もちろんですが、root権限が必要です。 3.容量を確認する df -h これで/dev/sda2の部分の容量が拡張されているのかを確認してください。

TX1310 M1でホットスワップが出来ない

  • TECH
ずっと、お家にお眠りなさってたTX1310 M1を最近、Windows10でも入れてリモートアクセス専用PCとして使おうとすると、いろいろ問題が起きたので備忘録+なんとかする方法をこちらに書かせていただきます。 何が出来ないのか? 本来、この機器ではホットスワップには対応していないのですが、大体のAHCIで動いてるシステムは使えるはずなのですが、使えない。 しかも、ホットスワップ出来ないだけだと不便だけで済みますが、記憶域プールが謎のエラーを吐いて、作成出来ないのが致命的です。 また、問題はWindows 10だけではなく、Linuxでもホットスワップ出来ませんでした。 対処法 ドライバを入れてあげます。 1.チップセットドライバを入れてあげる 一応、Intelの公式にチップセットドライバというものがあるので、それをダウンロードしてインストールしてあげます。 https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28710/Intel-Server-Chipset-Driver-for-Windows-?v=t こちらから.exe形式のファイルをダウンロードして、インストールします。 2.AHCI、SATAコントローラーのドライバを入れてあげる これが一番重要になってきます。 https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds101491 こちらから.exe形式のファイルをダウンロードし、起動させると、Cドライブ直下にDriverというファイルが出来るので、そこからインストールします。 まとめ これにより、TX1310 M1でホットスワップが出来るようになりました。 TX100 S3の場合だと、標準ドライバでも可能でしたがこの機種の場合では、ドライバを入れてあげないといけないので注意が必要です。

EdgerouterでOpenVPNクライアントを使う

  • TECH
EdgerouterでOpenVPNクライアントとして使う方法をこちらに記事にさせていただきます。 サーバー側の設定はこちらから 1.フォルダを作る config以下にフォルダを作成します。(config以外に保存することも可能ですが、アップデート時に消える可能性があります。) mkdir /config/vpn/ mkdir /config/vpn/VPN1 cd /config/vpn/VPN1 2.必要なファイルをEdgerouterに持ってくる winscpなどで必要なファイルを入れます。 ca.crt、client1.crt、client1.key、ta.key を/config/vpn/VPN1にファイルを入れてあげます。 /config/vpn/VPN1/ca.crt /config/vpn/VPN1/client1.crt /config/vpn/VPN1/client1.key /config/vpn/VPN1/ta.key というようなファイル構成になります。 3.OpenVPNクライアントのコンフィグを作ってあげる。 vi client.ovpn client dev-type tun proto udp ;VPNサーバーのipアドレス、ポート番号を指定 remote 0.0.0.0 1194 resolv-retry infinite nobind persist-key persist-tun ca /config/vpn/VPN1/ca.crt cert /config/vpn/VPN1/client1.crt key /config/vpn/VPN1/client1.key tls-auth /config/vpn/VPN1/ta.key 1 cipher AES-256-CBC auth SHA512 ;圧縮を有効 comp-lzo verb 1 reneg-sec 0 4.設定を適応する configure set interfaces openvpn vtun0 config-file /config/vpn/VPN1/client.ovpn set interfaces openvpn vtun0 description server_name 5.疎通できているか確認する show interfaces openvpn ip a これらのコマンドでS/L部分がu/uになっていると、リンクアップしているといる意味です。