EdgerouterでOpenVPNクライアントを使う

  • TECH
EdgerouterでOpenVPNクライアントとして使う方法をこちらに記事にさせていただきます。 サーバー側の設定はこちらから 1.フォルダを作る config以下にフォルダを作成します。(config以外に保存することも可能ですが、アップデート時に消える可能性があります。) mkdir /config/vpn/ mkdir /config/vpn/VPN1 cd /config/vpn/VPN1 2.必要なファイルをEdgerouterに持ってくる winscpなどで必要なファイルを入れます。 ca.crt、client1.crt、client1.key、ta.key を/config/vpn/VPN1にファイルを入れてあげます。 /config/vpn/VPN1/ca.crt /config/vpn/VPN1/client1.crt /config/vpn/VPN1/client1.key /config/vpn/VPN1/ta.key というようなファイル構成になります。 3.OpenVPNクライアントのコンフィグを作ってあげる。 vi client.ovpn client dev-type tun proto udp ;VPNサーバーのipアドレス、ポート番号を指定 remote 0.0.0.0 1194 resolv-retry infinite nobind persist-key persist-tun ca /config/vpn/VPN1/ca.crt cert /config/vpn/VPN1/client1.crt key /config/vpn/VPN1/client1.key tls-auth /config/vpn/VPN1/ta.key 1 cipher AES-256-CBC auth SHA512 ;圧縮を有効 comp-lzo verb 1 reneg-sec 0 4.設定を適応する configure set interfaces openvpn vtun0 config-file /config/vpn/VPN1/client.ovpn set interfaces openvpn vtun0 description server_name 5.疎通できているか確認する show interfaces openvpn ip a これらのコマンドでS/L部分がu/uになっていると、リンクアップしているといる意味です。

CentOS7でLACPとタグVLANを使ってみる

  • TECH
当方の環境で使っているCentOS7でLACPとタグVLANを使う必要が出てきたのでその際に方法をここに備忘録として書きます。 環境 CentOS=========L3 Switch(vlan10,vlan20) 2つのLANケーブルを使って、LACPでリンクアグリゲーションを組みます。 CentOS側のNIC:eth0,eth1 設定する 1. いらないものを排除する systemctl stop NetworkManager systemctl disable NetworkManager NetworkManagerが邪魔になるので、停止&無効にします。 2.bonding機能を有効にする modprobe bonding これをしないと、リンクアグリゲーションができないので、忘れずに実行して下さい。 3.コンフィグを書いていく 3.1.bond0の設定 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0 DEVICE=bond0 NAME=bond0 TYPE=Bond ONBOOT=yes BOOTPROTO=none BONDING_OPTS="downdelay=0 miimon=100 mode=802.3ad updelay=0" BONDING_MASTER=yes 3.2.LAGにするインタフェースの設定 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 DEVICE=eth0 TYPE=Ethernet BOOTPROTO=none ONBOOT=yes NM_CONTROLLED=no IPV6INIT=no MASTER=bond0 SLAVE=yes これでeth0は完了です。次にeth1の設定をしていきます。 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1 DEVICE=eth1 TYPE=Ethernet BOOTPROTO=none ONBOOT=yes NM_CONTROLLED=no IPV6INIT=no MASTER=bond0 SLAVE=yes 3.3.Bond0に対するTagVLANの設定 VLAN10の設定 vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0.10 TYPE="Ethernet" BOOTPROTO=none DEVICE="bond0.

Edgerouterでeo光のIPv6を使ってみる

  • TECH
Ubiquiti Networks Edgerouter ER-X(日本国内) Amazon Edgerouter Xというルータを買ってしまったのですが、なかなかeo光のIPv6サービスに繋げるのにかなり翻弄したのでここに備忘録として残しておきます。(一応、繋ぐことはできたという記事です。) 注意:今回の設定ではIPv6のファイアウォールの設定をしていないので、セキュリティ的にかなり危ないので、実際に構築する方はご注意下さい。(当方もファイアウォール周りがあまりわかっていないので、分かり次第、別の記事にさせていただきます。) 前提条件 プロバイダーはK-opticomのeo光ネット1Gコース(ホームコース)を使用しております。 WAN:eth0 LAN:eth1 とします。 また、上の注意の点でも書きましたが、ファイアウォールを設定していないので、ご注意ください。 使えるようにしていく 1.インタフェースに設定を入れていく set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 dhcpv6-pd rapid-commit enable set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 dhcpv6-pd pd 1 interface eth1 service slaac set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 dhcpv6-pd pd 1 prefix-length /64 set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 ipv6 dup-addr-detect-transmits 1 set interfaces ethernet eth0 pppoe 0 ipv6 enable set protocols static interface-route6 ::/0 next-hop-interface 'pppoe0' これをやっていないせいでかなり時間をとりました。

neovimでUltiSnips requires py >= 2.7 or py3というエラーの対処法

  • TECH
最近、新たにデスクトップPCにLinuxMintを導入してneovimやtmuxやらの環境構築をしている途中に UltiSnips requires py >= 2.7 or py3 とこのようなエラーをneovimを起動する度に吐いてしまったので対処法を備忘録として載せておきます。 環境 OS:LinuxMint 19 原因 apt-get install neovim からインストールしたため、neovimの最新バージョンではないのが原因 コマンドを入力 pip install neovim これを入力すると、 Collecting neovim Using cached https://files.pythonhosted.org/packages/78/ec/ac9905ccab8774b64c37cdff9e08db320c349eda0ae3161aebcac83e5590/neovim-0.3.1.tar.gz Complete output from command python setup.py egg_info: Traceback (most recent call last): File "<string>", line 1, in <module> ImportError: No module named setuptools ---------------------------------------- Command "python setup.py egg_info" failed with error code 1 in /tmp/pip-build-bezjAu/neovim/ このような謎エラーが出てきました。 neovimとpip installで入れようとしているものとバージョンが合わないと怒られます。 ということで、neovimの公式からインストールしていきましょう。https://github.com/neovim/neovim/wiki/Installing-Neovim LinuxMintの場合はベースのディストリビューションがUbuntuになるので、Ubuntuのインストール方法を用います。