homeserver

自宅サーバーとVPSの使い分け

  • TALK
今回は自分なりの自宅サーバーとVPSの使い分けの仕方を紹介します。 そもそもの話になってはしまうのですが、自宅サーバーとVPSの簡単な説明をさせていただきます。 自宅サーバーとVPSの説明 自宅サーバーとは? 自宅サーバーとはそのままの意味で、自宅で運用するサーバーのことを言います。 こんな感じのものです。 VPSとは? VPSとは、自分の家ではなく、ホスティングサービスを貸している会社のサーバーの一部を使っているもののことを言います。 レンタルサーバーと違う点として、root権限を使うことができるので、自由にアプリケーションをインストールすることが出来るサービスです。 専用サーバーではなく共用サーバーになるので、パフォーマンスの低下などがありますが値段が安いので使っている方も多いサービスになります。 VPSの例として、 さくらのVPS ConoHa VPS Windows ServerなどはVPSで契約するとかなり安いです。ライセンス込みの値段になっているのでおすすめです。 どちらを使うべきか? このような方は自宅サーバーを使うべき! ファイルサーバーを使っている 録画サーバーを使っている ハードが大好き メモリをかなり使うもの ゲームサーバーを使っている このような用途で使われる方は自宅サーバーを使うべきです。 人にサーバーを貸したり、ゲームサーバーを運用する方はスペックがかなり必要になってくるのでVPSよりも自宅サーバーの方がいいです。 このような方ならVPSがおすすめ あまり使わない WebServerしか使わない メモリが少ないサービスを動かす 安定性重視 このような方はVPSのみで十分です。 安定性のことを考えると自宅サーバーよりも断然VPSです。 お家に自家発電がある方は別ですがそのような家はないと思います。 自宅サーバーとVPSの両方を使うべきな人 安定性とハードな使い方をする人(ゲームサーバーや人にサーバーを貸すような使い方) は自宅サーバーとVPSの両方を使うべきです。 あまり、止めたくないサービスをVPSで動かし、ストレージサーバーやゲーム系のサーバーを自宅サーバーで動かすような運用の仕方が一番いいと思っています。 私自身もそのような運用の手段を取っております。 このブログはレンタルサーバーで運用していて、個人で使う物であまり止めたくないサービスをVPS、ストレージサーバーやゲームサーバーを自宅サーバーで運用しています。

ラックサーバ(RX300 S6)を静音化してみる

  • FIX
現在、メインで動かし続けている自宅のサーバーがRX300 S6になりますが、2Uだからということもありますが、かなりうるさいという問題が発生しました。 普通に考えるとデータセンターに置く物なのでうるさい理由がわかりますが、この状態では家で他の作業が出来ないのであまりよくないのですがファンを静音化する作業してみました。 そもそも、静音化とは サーバー内のファンの速度を意図的に落とすことのことです。 サーバーやパソコンにとってはあまりよろしくないのが実情ですが、うるさすぎるので仕方がないという感じです。 これによって壊れることもありますので、自己責任で作業をしてください。 かなりやってることはかなりよろしくないので、わかった上でしてください。 作業していく 1.抵抗を選ぶ 1/4W(0.25W)の抵抗を使ってみたのですが、電流が強すぎて煙を出して「プシュ〜〜」という音をしながら焼ける事件が起きたので10Wのセメント抵抗を使います。 ファンに書いてある↓の電流と電圧などに気をつけて作業してください。抵抗値は電圧と電流を元に計算します。 1/4W抵抗は↓のようなものです。普通の抵抗です。 OSOYOO(オソヨー)金属皮膜抵抗器 抵抗セット 10Ω~1MΩ 30種類 各20本入り 合計600本 (600本セット) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング セメント抵抗はこんな感じのものです。結構ガチなやつです。 TDO抵抗器 角形セメント抵抗器 10W MS-10 20ΩJ (10個入) Amazon 楽天市場 Yahooショッピング サーバーのファンに合わせて抵抗は合わせてください。そうしないと下手をすると燃えます 2.ファンに抵抗をつなげていく おそらく、わかりにくいと思いますが、ファンの赤い配線の間に抵抗を入れてあげます。 サーバー系のファンは3~4の配線がされていることが多いです。 かっこいいと言える配線ではありませんが、こんな感じに通すことで一応スマートにはなります。 最終的に同じことを5回繰り返して大好きなラックサーバーに入れると↓になります。 以外とスマートにまとまったので、満足しています。 3.電源をつけてみる 電源をつけるときは気をつけてください。 下手すると燃えるかもしれないので、電源をすぐ引っこ抜けるようにしておきましょう。 今は、結構動いてくれてます。 めっちゃ静かになりました。

自宅サーバとVPSの長所と短所の比較

  • TALK
この記事では、自宅サーバとVPSの二つを対象にして、長所と短所を比較してみます。 自宅サーバの長所 ハードウェア単位での知識が増える ネットワークの勉強になる そこそこのスペックを比較的安く中古で買える ローカルでのファイルのやりとりは速い 自宅サーバの一番の特徴としてハードウェアの知識が増える点です。特に大学生で自分のようにインフラのような仕事につきたいと思ってる方にはおすすめです。 中古のサーバ機の場合は、比較的安くハードを買うことが出来るので、サーバを置く場所さえあればなんとかなりますファイルの共有をよくしている方はVPSよりも自宅サーバの方がおすすめです。やっぱり自宅の有線の方が当たり前ですが速いです。 自宅サーバの短所 電気代やばい ハードウェアの管理をやっておかないとだめ 電気代はかなり行きます。そこが唯一の問題です。また、HDDが消耗品ということもあるのでハードウェアの管理をしっかりしておかないといけないという点です。 筆者の場合では、常時動かしているのは、ネットワーク機器(POE対応含める)10個、サーバ機器3つということもあり、月に約10000円くらいの電気代がかかってます。スペックのことを考えると確かにVPSより安くはなりますが、高いです(^^;) VPSの長所 安い ハードウェアの管理をしなくてもいい 比較的安いのが特徴です。HDDが壊れることなどを考える必要がないということや場所をとらないということもあり、自宅サーバに比べると入りやすくなっています。また、電気代+サーバ導入費用+(HDDやSSDなど)サーバの保守費用などのランニングコストのことを考えるとかなり安いです。 しかし、CPUやストレージが共用になっているので、処理を多用する場合は注意が必要です。 VPSの短所 ハードウェアでの拡張が出来ない 共用使用になるので思ってるほど性能が発揮できない ストレージが高い 共用使用ということもあり、性能が発揮できないということや、スループットもあまりでない時があります。また、CPUに負荷を掛けすぎると、提供側から制限を掛けられる可能性があります。 まとめ 自宅サーバとVPSには長所もあれば短所もそこそこあります。なので、CPUをよく動かすようなことやストレージサーバは自宅サーバにまかせて、安定性を求める部分(例えば、公開用サーバなど)にはVPSという運用の形態がおすすめです。

ラック型サーバーの良い点と悪い点

  • TALK
みなさんは、家にサーバーありますか? あると思います でも、単にサーバーを置くだけでは満足できなくなってきている方も多いと思います。 タワー型サーバーでは満足がいかなくなってくると、 次は……ラック型サーバーに手を出してしまうのが普通だと思います。 筆者もまさしく、そんな状況になってラック型サーバーの良いところと悪いところを紹介します。 ラック型サーバーの良いところ CPU二個積めるやつやメモリがめちゃくちゃ搭載できるサーバーが比較的安い価格で買える メモリでRegisterdに対応しているサーバーが多い 積みやすい 漬物石の代わりになる CPU二個積めるサーバーが安く手に入るというのが一番の特徴と言っても過言です。 CPU二個積む分消費電力が増えてしまうというやばいところが増えてくるというのも事実ですが、コア数を使うような仮想化用途ではおすすめです。 また、ラック型サーバーになってくると、メモリも6つ以上搭載出来るのが多くを占めるので、これも仮想化するのにはおすすめです。 ヤフオクで中古のタワー型サーバーの場合、メモリのECCでRegisteredに対応していない機種が多いということです。 2Uサーバーや1Uサーバーの一番の特徴は昔のアンプみたいに上に載せれる点です。 ハードウェアメンテナンスをする際は取り出す必要がありますが、大体のラック型サーバーは前面からHDDを交換できるので、比較的管理が楽なのでおすすめなところです。 ラック型サーバーの悪いところ うるさい タワー型に比べて高い(気がする) ファンが多い 電気代が… こういった感じです。 ラック型サーバーはうるさいというのが一番の欠点です。 どれくらいのうるさいのかと言うと、ダイソンの掃除機並にうるさいです。 ラック型サーバーになるので、24時間運用することになるので、ダイソンの掃除機が24時間鳴りっぱなしというすごい状況になります。 こちらにどんな感じの音なのか体験してほしいので、載せました。 これを聞いてみるとその迫力が少しでも伝わるのではないでしょうか? ラック型サーバ=ダイソンの掃除機 並の音になるので家に置くには難しい点です。 ほかに問題になってくるのが電気代です。 ほとんどのラック型サーバはタワー型サーバに比べて電気代が高いです。 ラック型は冗長化に優れすぎていて電源がホットスワップに対応している変態的なサーバになってしまうので、電源が二個入るのでその時点で待機電力がそこそこ食います。 また、マザーボードもタワー型に比べると消費電力が高い感じがする(低いものがあるかもしれない)ので、家に置くならタワー型がおすすめかなと思います。 まとめ やはり、ラック型サーバはロマンに溢れているところがありますが、電気代のことや轟音と共に過ごすことを考えると、絶対にタワー型サーバがおすすめです。 どうしてもラック型が…という方には このようなラックケースで自作で組むのをおすすめします。 轟音とともにすごしても問題がない方はぜひラック型サーバを買ってみてはいかがでしょうか