etc

apcupsdで自動シャットダウンをできるようにする

  • TECH
apcupsdとは APC製のUPSにつながれたサーバ機器を安全にシャットダウンされるように作られたアプリケーションです。 また、このアプリケーションを使うことで複数台のサーバ機器を同時にシャットダウン出来ることも特徴の一つです。 構成 構成としてこのようになっています。 SmartUPS 500につながっているもの TX1310 M1 ( ADサーバ Windows Server 2019 Standard) Fujitsu W510 ( 録画サーバ Windows 10) この2台サーバ機器がつながっています。 UPSとサーバ機器にはUSB経由でTX1310 M1に接続されています。 TX1310 M1をマスターとして運用します。 今回はUPSとサーバ間はUSBで接続するという条件で記事を執筆していきます。 構築 マスター側の設定 1.apcupsdをダウンロード・インストールする http://www.apcupsd.org/ apcupsdダウンロード リンクからWindows版をダウンロードします。 ダウンロードした後は、インストールしてください。 2.ドライバを入れる ドライバインストール前 ドライバを入れ替える必要があるので、更新します。 ドライバの更新からコンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索をすると、 ドライバ更新 このような画面が出てくるので、ドライバが入っているフォルダを選択し、次へとすると、自動更新がかかります。 ドライバ更新後 ドライバを更新すると(Apcupsd) となります。 3.apcupsdの設定をする start menu Edit Configuration fileという項目から設定ファイルを変更します。 ##UPSの名前 #UPSNAME -> UPSNAME UPS-1 ##シャットダウンまでの時間 TIMEOUT 60 -> TIMEOUT 180 コンフィグを変更した場合は、サービスでapcupsdが動いているのでサービスを再起動させます。

TX1310 M1でホットスワップが出来ない

  • TECH
ずっと、お家にお眠りなさってたTX1310 M1を最近、Windows10でも入れてリモートアクセス専用PCとして使おうとすると、いろいろ問題が起きたので備忘録+なんとかする方法をこちらに書かせていただきます。 何が出来ないのか? 本来、この機器ではホットスワップには対応していないのですが、大体のAHCIで動いてるシステムは使えるはずなのですが、使えない。 しかも、ホットスワップ出来ないだけだと不便だけで済みますが、記憶域プールが謎のエラーを吐いて、作成出来ないのが致命的です。 また、問題はWindows 10だけではなく、Linuxでもホットスワップ出来ませんでした。 対処法 ドライバを入れてあげます。 1.チップセットドライバを入れてあげる 一応、Intelの公式にチップセットドライバというものがあるので、それをダウンロードしてインストールしてあげます。 https://downloadcenter.intel.com/ja/download/28710/Intel-Server-Chipset-Driver-for-Windows-?v=t こちらから.exe形式のファイルをダウンロードして、インストールします。 2.AHCI、SATAコントローラーのドライバを入れてあげる これが一番重要になってきます。 https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds101491 こちらから.exe形式のファイルをダウンロードし、起動させると、Cドライブ直下にDriverというファイルが出来るので、そこからインストールします。 まとめ これにより、TX1310 M1でホットスワップが出来るようになりました。 TX100 S3の場合だと、標準ドライバでも可能でしたがこの機種の場合では、ドライバを入れてあげないといけないので注意が必要です。

ブレードサーバーの中を見てみる1

  • TECH
みなさん、ブレードサーバーって知っていますか? 今回はブレードサーバーのエンクロージャ(側の部分)も手に入れようとしていたのですが、重すぎて持って帰ることを断念しました。 (重さはエンクロージャだけで60~100kg以上あります)1Fだと持って帰ってはいたのですが、自分の部屋が2Fにあるので断念しました。 ブレードサーバーとは? サーバーをたくさん搭載できるものです。 1Uに比べると、たくさん搭載することができます。 特徴として 200V電源ないとキツイ 拡張ボードで拡張することが出来る ブレードを交換するだけで長く使うことが出来る コスパ的に安くなる場合があるらしい? ブレードを交換するだけで長く使うことができるというのはブレードだけを新しく変えることで新しいCPUの載っているものを使うことができます。 4~5台以上になるとラックサーバーに比べてブレードサーバーの方がコストパフォーマンスがよいとされています。(私はそのように思っていませんが…) ブレードの紹介 今回はブレードのエンクロージャの紹介ではなく、ブレードの方の紹介させていただきます。 HP ProLiant 460 Series Generation 6 Bladeという型番の紹介をしていきます。 こいつはCPUは2個ついており、メモリは12スロットあります。 また、SAS又はSATA系の2.5インチHDDかSSDを搭載できます。 最大でDC12Vの40Aまで電源を供給されるブレードサーバーになります。 中を見てみる これがもらったブレードです。 背面はこんな感じ これがブレードの背面コネクタになります。 白い穴みたいなところに電源が通っているという感じです。 側面 背面にはSDカードスロットで挿すことが可能になってます。 恐らく、ESXiのブート元で使ったりする用だと思われます。 中身を見ていきましょう このような感じになっています。 蓋 こんな感じでわかりやすく書かれています。ここら辺は、普通のサーバーと同じような感じです。 中身はこんな感じ~ CPUが見ての通り2つ搭載されています。 また、メモリの方も2Gx6あります。 まとめ 記念にブレードを持って帰ったのはいいのですが、エンクロージャ(ブレードの側)がないと使い物にならないです。 お金持ちにでもなれたらブレードサーバーを買って購入したいものです。 ブレードサーバーを8つ本気で動かそうとすると200Vで50Aぐらい食うので日常生活では騒音+電気代の問題があるので、使えるものではないです。 次回の「ブレードサーバーの中を見てみる2」ではブレードサーバーの拡張ボードの紹介をします。